事前防止のご提案

事前防止について

石材・タイル・コンクリートに対し、何も対策を施していない「無塗布」の状態では、アルカリ水の吸い上げが激しく劣化の進行が早くなり、美観を損なうだけでなく、躯体の安全性にも影響を及ぼしかねません。
また汚れの付着が度重なることで、それらを洗浄するメンテナンス等の費用が膨らんでいくことになります。

事前に対策を施した場合、アルカリ水の吸水を低下させるので、トラブルを抑制し耐久性を向上させます。また、経年による汚れの付着が軽度になることで、美観を保つことができ、それらにかかる費用を削減することにつながります。

事前防止について

各種試験データ

OXウォッシュ&コーティング工法

事前防止例

施工経過|レンガタイル

2004年2月3日 広範囲洗浄を行い、一部OXコート(+防藻剤)を塗布。
コート剤を塗布した箇所は、12年経過の後も美観を保っています。

事前防止例|レンガタイル

施工経過|コンクリート

2001年2月9日 広範囲洗浄を行い、OXC-345AB・OXC-370ABC・OXC-370AB・OXC-342を塗布。
コート剤を塗布した箇所は、9年経過の後も美観を保っています。

事前防止例|コンクリート

各種試験データ

OXウォッシュ&コーティング工法

石材・タイル・コンクリート PWO×OSHIROX メンテナンスシステム

お問い合せ|株式会社OSHIROX

9:00~18:00 土日祝休み

06-6690-737206-6690-7372

お問い合せメールフォーム