OSHIROX

DESIGN / METHOD
デザイン・工法

SUGI-ITA DESIGN FFP

杉板意匠FFP工法とは

杉板コンクリート専用コート
杉板コンクリート補修

杉板意匠FFP工法は、主にコンクリート杉板意匠を、洗浄、左官補修・復元の後、含浸コーティング及びトップコートを用いて、素材感・質感をそのままに美しく長期的に保護する工法です。
杉板コンクリート専用コートを用いることにより意匠を白ボケせずにコーティングします。

FLOW 01施工の流れ

  • 洗浄
    コンクリートコンディショニング洗浄
    下処理として黄変や汚れをグラインダー等で除去した後、灰汁・さび等を洗浄除去。コート剤が浸透しやすい状態にする。
  • コート
    下地処理|含浸コーティング[OXC-FD]
    耐久性・耐候性の高い防水層を形成し、吸水を防止。
  • 補修・意匠
    杉板意匠|左官・塗装 ― 補修・復元
    表面の汚れが酷い箇所及び、充填補修個所に杉板柄の補修を実施。
    下地ベースカラー入れ
    下地ベースカラー入れ
    木目柄入れ
    木目柄入れ
  • プライマー
    水性カチオンプライマー [OXC-CWP]
    • プライマー
      水性プライマー[OXC-WPM]
    • 下塗り
      無機系シリカ変性シリコン複合コーティング[OXC-CWP]
    • トップコート
      水溶性フッ素樹脂[OXC-WF]
    • トップコート
      無機系シリカ変性シリコン複合コーティング[OXC-WAS]

各種コート剤について

FLOW 02施工方法

01

現地確認

現地確認

施工にあたり当該箇所と周囲の確認を行い、危険な作業にならないよう細心の注意を払います。

02

研磨作業

研磨作業

ペーパーグラインダー・カッター等で表面の白華や黄変を除去。型枠等の木片が残っている場合は、丁寧に削ぎ落します。

03

洗浄作業 [洗剤噴霧]

洗浄作業 [洗剤噴霧]

コンクリート表面全体に洗浄剤OXW-CNCを噴霧。漏れの無いように丁寧に行い、周辺への飛散にも注意を払います。

04

洗浄作業

洗浄作業

高圧温水洗浄機にて洗浄剤の噴霧箇所を入念に洗い流します。洗浄剤の泡が切れるまで接射で数回繰り返します。

05

補修作業

補修作業

白華・黄変の酷い箇所やクラックの補修跡、モルタルを充填補修した箇所等の補修作業。木目の復元やベースの色合わせ等も行います。

06

コーティング

コーティング

コンクリート表面に噴霧器・ローラー・刷毛等でコート剤を塗布。施工前に当該箇所の乾燥を確認し、周囲への飛散が無いよう実施。

BEFORE / AFTER施工前後

木片除去
BEFORE
AFTER
研磨
BEFORE
AFTER
壁面補修
BEFORE
AFTER
壁面補修
BEFORE
AFTER
杉板意匠工程[円柱:打ち放し→杉板意匠]
杉板意匠工程 1
杉板意匠工程 2
杉板意匠工程 3
杉板意匠工程 4
杉板意匠工程 5

DOWNLOADダウンロード

当ページの内容は、こちらのpdf資料でもご覧いただけます。

杉板意匠FFP工法

杉板意匠FFP工法

杉板コンクリート専用コート/杉板コンクリート補修

PROJECTS施工事例